MAISON

HORS CONCOURS

1890年〜1900年に創業されたアトリエで、ラギオールナイフの初期のメゾン。

当時、彼自身の職人気質な性格だったため「ラギオールナイフ」の特許申請を行うこともなく、純粋にラギオールナイフを愛した生粋の職人だった。のちの後継者もいなかった為、現存しないメゾン。HORS CONCOURSにはコアなファンも多く、希少なメゾンとしてラギオールの歴史の一部となっている。